税込8000円以上のお買い上げで送料無料

毛布は毎日直接肌に触れるものだけに、できればこまめに洗濯し、清潔を保ちたいものです。
だからこそ、自宅で洗濯したい、できれば洗濯機で洗えればいちばんラクですよね。
しかし、毛布の素材、洗濯機の容量などによってはできないものがあるのも事実。
お持ちの毛布をよくご確認の上、以下の洗濯方法をご参考にしてください。

毛布の洗濯絵表示を確認!

まずは、毛布についてるタグを見て、お洗濯に関する絵表示を確認しましょう。

「洗濯機マーク」「水洗いマーク」
水洗い可能です。
アクリル、ポリエステル、綿毛布のほとんどは水洗い可能です。
当店はマイクロファイバー毛布専門店ですので、ご自宅でお洗濯できます。

「洗剤表示」
・「中性」表示があるもの・・・中性洗剤
・「中性」表示がないもの・・・生成りや淡い色のもの-無蛍光の洗剤
                  ・・・濃い色のもの-蛍光剤入りの洗剤
                  (白いタオルに洗剤をつけて毛布の目立たない部分をこすり、色落ちしないか確認)

毛布の洗い方(洗濯機編)

1.毛布のたたみ方

毛布全体に洗剤がいきわたるように、ヒダ折り(屏風折り)にするのがおすすめです。毛布用のネットがあれば幅も合わせやすいでしょう。

2.洗濯機のコースを選ぶ

「毛布コース」や「大物洗いコース」があればそのコースを選択します。
「手洗いマーク」のものは「手洗いコース」で洗うのがよいでしょう。
なければ、弱水流コースを選択します。

3.洗剤を投入する

洗濯する毛布の「洗剤表示」に従って投入しましょう。
粉末タイプの洗剤の場合は、先に水とよく攪拌させて、洗剤が十分に溶解されてから、毛布を入れた方がいいでしょう。
お好みで柔軟剤もセットしておきましょう。

4.洗濯する

スターボタンを押して、あとは洗濯機にお任せしましょう。

5.干す

干し方は2本の竿を使用してM字型に干すのが理想です。
洗濯表示に「陰干しマーク」がある場合には、それに従いましょう。
濃い色や生成り、ウールは色褪せしやすく、シルク、ナイロンは日光で黄ばむので陰干しです。

毛布の洗い方(手洗い編)

1.お風呂の浴槽で踏み洗い

浴槽に毛布が浸るくらいの量の洗剤液を作ります。(濃度は洗剤の表記に従ってください。)
洗剤液に毛布を浸けて、足で踏み洗いします。
特に全体的な汚れが気になる場合は少し浸け置きしてから洗いましょう。

2.すすぎ


浴槽に15cmくらい水をはって足踏みし、水を換えながらきれいになるまで数回繰り返します。
シャワーを使用してもよいでしょう。
お好みですすぎの最後に柔軟剤やお酢を溶かし入れ、3分くらい浸けておきましょう。化学繊維の毛布なら特に静電気防止効果が期待できます。

3.脱水と干し方

浴槽の水を抜き、足で踏んで押し絞りします。
折りたたんでネットに入れて脱水機にかけるか、水の滴りが少なくなるまで浴槽の淵にかけておきます。
脱水機を使用する場合は脱水時間は短めにするのがポイント。
脱水機を使用しない場合、手絞りは避けましょう。生地を痛める原因になります。
干し方は洗濯機編と同じです。


カートに入れる

商品検索

支払い方法
【カード決済対応会社】
下記カード会社に対応しております。
  • JCB
  • MasterCard
  • VISA
  • American Express
  • Diners Club
【代金引換】
代引金額 代引手数料
1万円まで 324円
3万円まで 432円
10万円まで 648円
30万円まで 1,080円
一部商品で対応していない場合がございます。
>> 詳しくは「支払い方法について」
【領収書について】
>> FAQ をご覧ください
配送
【配送料について】
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」